製作者のひとりごと

移転しました。またぼちぼち書き綴っていきます。
<< 実は財政破綻しないかもしれない | main | 首相を辞任した人は黙ってろ! >>
印鑑証明に思う
0
      震災で財政が危ないということで
    増税が検討されている。

     昨日、印鑑証明が必要なことがあって
    市役所にいってきた。

     が、待っているときに一つの疑問がわきあがった。

    運転免許証
    パスポート
    住民基本台帳カード
    健康保険証
    印鑑証明
    住民票
    などなど

     どれだけの役所がばらばらに
    いろんな身分証明書を発行している。

     これって1つまたは2つにならないの?

     と。

     コンピュータを習った人なら
    データベースに必ず主キーと呼ばれる
    1つのデータに1つの記号番号を与えるのが
    普通である。

     それがこの国にはなくて、
    各役所がバラバラに管理しているのだ。

     それにより国にどれだけの無駄を生んでいるのか?

     そういう主キーを付けようとすると
    「国民総背番号制」とかお馬鹿なことをいって
    大反対する人がでてきます。

     が、一人の国民に1つのユニークな番号を与えなかったために
    自分というのを証明するのに
    運転免許証を見せて、さらに印鑑証明、住民票をもっていくなんて
    無駄なことをしなければならない。

     また、そのようなしっかりしたデータベースがないために
    消えた年金とか、税金のデータとリンクしてないとか。
    国に膨大な無駄が生じています。

     あと、印鑑証明という制度もあれは
    危険な制度ですよね。

     印鑑なんて、誰か別の人が押すことができるし、
    本人確認の道具にすること自体がナンセンス。

     印影をもとに印鑑を偽造するなんて
    現代技術をもってすれば
    余裕でしょう。

     また、印鑑証明、住民票などの業務で
    何万人の人が無駄に働いているの?

     と言いたい。

     なので、私は提案する。

     身分証名書を二つにまとめて欲しい。

    ・日本国IDカード

    ・パスポート

     この2つでよいのではないか?

     出生時に日本国ID予備カードを発行する。
    15歳になったら、日本国IDカードを発行する。

    このIDカードには、
    運転免許証のデータ
    納税のデータ
    年金のデータ
    住民票のデータ
    などなど、その辺のデータをICチップに組み込む。

     顔写真、生体認証、パスワード等で
    しっかり偽造対策をする。

     ということで
    強力な身分証明書ができるというわけだ。

     印鑑の業界の方、
    市役所で住民サービスをされている方、
    運転免許センター、警察の方など
    多くの方が職を失ってしまうかもしれないが
    それは時代の流れなので仕方がないと思う。

     他の産業で働いて頂くしかないと思うのだ。

     それらの人が他の産業で働いてもらうことにより
    日本の経済成長の力にもなるだろうし、
    そういうイノベーションはどんどん起こさねばならない
    だろう。

     ということを思ったりした。

     まあ、実現することは
    私が生きているうちはないだろうけどねー。
    運転免許の更新でがっぽり儲ける団体が
    やすやすとそういう業務を見放すわけないし。
    印鑑の業界も大反対するだろうし。

     だけど、税金上げる前に
    徹底的に無駄をなくさないと
    この国はやばいですよね。


    このごろのこと | 12:26 | comments(0) | - | - | - |












    CALENDER
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECOMMEND
    LINKS
    RECENT COMMENTS
    PROFILE
    MOBILE
    qrcode
    OTHERS
    Search this site.